ネクタイ コスプレ

「with」は読者と同じ目線、身近に感じられるような等身大のモデルさんに活躍してもらっている雑誌なんです。私どもがこの図柄を購入する際、おそらく欧米のアートだと思われますが、私たちの消費者には感じ方が異なったのだと思います」などと説明した。 “着ぐるみのクマ”という設定で、中に誰が入って いるのかは不明とのこと。作中で、「これは着てみたいな」と思った服はありましたか?育人や柳田が入社するAphro I diteの服は「仕立てがいいな」と感じたので着てみたいですね!

その他の興味深い詳細ポリス コスプレは、当社のウェブサイト上で見つけることができます。